程々に運動することを日常的にするように

私は去年、体調不良になって入院生活を送り、その後も自宅で療養する時期がしばらくありました。
一ヶ月近くだったと思います。
あまり激しく体を動かさない方がいいと医者から言われていたので、家の事も最小限に留めて静かに過ごすように心掛けました。
そうせざるを得ない状況でした。

しかし、静かに毎日を過ごしていくうちに、お肌の調子があまりよくないと感じるようになりました。
顔色が青白くて冴えないうえに吹き出物が沢山出来たのです。
こんなことは今までになくて、運動をしていないので基礎代謝量が減ったという事を除いて身に覚えはありませんでした。

療養期間が終了し、以前みたいにジムに通ったりランニングを始めると、健康的な顔色になり吹出物も消えてきました。
やっぱり体を動かさないことが原因でした。
この経験があってから、程々に運動することを日常的にするように更に気をつけるようになりました。
体を動かすことと美肌は大いに関連があると感じます。
沢山汗をかいて代謝をよくすることはとても大切なことなのですね。

三十路を超えてからカラダが変化していくのを一段と感じるようになったのです。
日々ミラーを見ながら自分自身でやれることをしよう、またこれからもずっと女性として生まれてきたことをありがたいと思って美しさをキープしようと思うのです。
その中で毎日何を意識し行っているかを伝えたいと思います。

はじめにしっかりと睡眠をとること、あとできる限り早く寝る事です。
できるだけ十一時にはベッドに入るように努力しています。
朝方の生活を心がけています。

そしてあまり実行できていませんがミネラルウォーターを飲む事。
冬の季節は空気が乾燥している為水分を補給することと肌の乾燥を守る為、保湿をしっかり行っています。
洗顔においては泡をしっかり作ってから顔を洗い極力つめたい水を使います。
熱いお湯は乾燥をより起こすからです。

帰ったらいち早くクレンジングをして肌を休める様心掛けています。
食事に関しては糖分の過剰摂取をしないように気遣っています。
甘い物を食べる事は控えるように気を付けてはいますがイライラしないように疲れた時なんかは少ない量を食べるようにしています。

できることならもう少しフルーツを積極に取って、春夏行っていたジョギングをもっと暖かくなってきたらやりたいです。
仕事が忙しくてサロンに向う時間がなくても、食べ物やストレッチ、リンパマッサージ等、家でできる美容術は幾つもあります。

一つ目に、食べ物は摂取量がどうこうというよりは、野菜から食べ始める事で糖分が脂肪になりにくくなります。
また、栄養価抜群のおみそ汁は出来るだけとるようにします!でも、「味噌汁」がある献立のときには他の飲料を摂ると消化不良につながるので後でいただくようにしています。

他には、市販の野菜飲料などを利用して暇がない時なんかは飲んだりしてます。
日中も、なるべく水分補給を心掛け、体内から乾燥しないようにしています。
百パーセント果汁飲料やヨーグルトドリンク等を愛飲しています。

遅くまで仕事をしているので家でもあまり時間がとれないのですが、足つぼシートを使って、歯磨きしながら、足裏マッサージを行ったり、お風呂で体を洗う際にはつま先の方からふくらはぎへ向って血流を押し上げるようにマッサージをして血流をよくして一日の「疲れ」をリセットしています。