ホコリを溜めないようにこまめに掃除

私自身はいつも肌荒れしてしまうため、朝晩のスキンケアには凄く気を配っています。
冬から春のあいだは、湿度が低い為かさついた肌になってしまうのです。
お肌が乾燥すると、痒くなってしまうし、肌が突っ張るような気がします。
そうなったらすぐにクリームを塗らないと、症状が悪化してしまい、よくなるのに時間が必要です。

肌荒れは乾燥しやすい肌が原因だと考えていました。
けれども、肌荒れを起こすとアレルギーからくる鼻炎の症状もでてくるので、何か関係があるのではないかと考えました。
私自身は昔から埃アレルギーがあるのですが、もしかするとその埃が肌にもなにか影響を与えてるのではないかと思ったのです。

そこで、部屋に置いてあったものを減らして、ホコリを溜めないように気を付けています。
こまめに掃除をして、埃が溜まらないように気をつけています。
そうするようになったのは最近なので結果は良く分かりませんが、これで肌荒れをすこしでも改善出来るといいなと思います。

お産のあとから髪がパサつき始め、皮膚の水分不足も気になるようになってきました。
保湿ローションなどでじっくり肌メンテを施したり、睡眠時間をたっぷりとって肌状態を改善させたいのですが、そうそう時間が割けません。
なので少なくとも潤い対策には力を入れるようにしています。

お化粧水や保湿クリーム、美容液を順々にやっていくようなゆとりが無いので、わたしは多機能ウォータージェルと美容パックでケアしています。
ケア方法は、プチプラの美容パックで数分間保湿ケアをした後にウォータージェルを使います。
ジェルはいろんなトライアルセットを取り寄せてみて良かったやつをチョイスしました。

そのように保湿ケアを2ステップにした事によって、ツヤやハリが出てきた気がします。
それから「Tゾーン」などのテカリもなくなってきました。
1週間に一度ちょっぴりいい美容パックでお手入れすることにより、より乾きをガード出来ている感じがします。

このお手入れ法は時間を有効利用できるんです。
顔パックをやりながらなんやかやと動けるので、子供の手がかからなくなるまでこのケア法でいくつもりです。

魚を使った料理を食べたいのですが生魚を買ってきて調理することが億劫・・・。
生魚特有のにおいがダメで料理した後も部屋中ににおいが残ってなかなか買う気になれないのです。

けれども魚は美容にも健康にも欠かせない食材。
どうにか食べたいと思って最近わかったことはお魚の缶詰が優秀だということです。

調理済みの魚をカン詰めにしたものは素晴らしいです。
味付けも誰もが好むように美味しく出来ていますし、なによりも骨まで食べられるように調理されています。
圧力鍋で魚を煮たとき魚にもよりますが骨まで柔らかくなってまるごと食べてしまえます。

魚の缶づめもそうやって調理してあるので太い骨も全部食することができるのです。
魚の骨にはカルシウムがいっぱい!お魚の身からは豊富なタンパク質が補えます。
魚は人間の身体を作ってくれる必要な食材なのでこうやって取り入れればいいんだと気が付きました。

この頃は鯖の味噌煮やいわしの生姜煮を好んで食べています。
ご飯のおかずに最高です。