夫婦でウォーキングで健康管理

年齢を重ねるにつれて基礎代謝が落ちてきているようで、特に生活習慣が変わったわけでもないのに年々少しずつ体重が増えてしまっています。

今のところ、健康診断で異常を指摘されるようなことはありませんが、疲れやすさや胃腸が弱くなってきていることを実感するようなこともあります。

 

夫も私以上に太ってしまい、メタボ検診で腹囲を図るのがそろそろ怖くなってきたようです。

男性の場合には、腹囲85cm、女性の場合は90cm以上でメタボ検診では以下の3つのうち2つ以上に該当するとメタボと判定されます。

 

①中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満

②最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上。

③空腹時血糖110mg/dL以上。

 

夫は既に②と③に該当しているので、そろそろウォーキングを始めようということになり、夫婦で歩くようになりました。

ひとりで歩くとくじけてしまうこともありますが、どちらかが「今日も頑張ろう」と、励まし合って歩き続けています。

 

近所の堤防沿いの道を歩きますが、夫婦で歩いている方も多く、健康を気にしていらっしゃる方が多いことを改めて知りました。

ウォーキングを始めたのことをきっかけに、基礎代謝や内臓脂肪、筋肉量や骨量などの、体組成を測定できる「体組成計」を購入し、今まで以上に自分たちの身体について気を付けるようになりました。

しっかり数値で管理すると、励みになって良いものです。この習慣はこれからも長く続けていきたいと考えています。