今はビキニライン用のヒートカッターで短くそろえるようにしているけど…

インターネットを見ていると実にたくさんのエステの広告を目にする機会があります。

その昔はサロン脱毛はかなりお金がかかる印象だったのに最近は学生さんでも受けやすい料金プランがあったりします。

あたしも2、3年前に、わき毛の脱毛を終わらせて本当にスッキリしました。

安く受けられる色々なキャンペーンを見ていて別の部分もやってみたいなぁと考えています。

いちばん悩んでいるのがデリケートゾーンです。

あたしは量はあまり多くないのですが硬い毛だと思います。

安全剃刀で処理したらチクッとするのが嫌でビキニライン用ヒートカッターで短くそろえるようにしています。

これだと熱で毛をカットするのであまりチクチクしません。

けれども最近同僚が脱毛専門店でビキニラインの永久脱毛を始めたみたいで、すごく良いみたいです。

生理時の不快感が無いし、ジムのプールで泳ぐので安心して水着が着れることがうれしいようです。

自分も 過去に水着を着る予定の時に一度だけ脱毛用ワックスで脱毛をしようとしたのですが、肌がとても敏感なところなので涙が出るほど痛かったのを覚えています。

検索してみたら、敏感肌専門の脱毛エステや、ビキニラインでも痛みのない脱毛サロンも存在するらしいので勇気を振り絞って近いうちに挑戦してみようかなと思います。

むだ毛の対処においては、矢張り皮フを痛めつけないように対処することが重要な点ではないでしょうか。

自分は、もっぱら、剃毛処理をやっています。

しかし、気を抜くと、肌を傷つけたり、赤くなってしまうことがあると思っています。

加えて、切ったりしないように気を配ってもいます。

まず第一に、剃刀処理をするときは、決して、肌にダイレクトにカミソリをあててはいけないと思っています。

例えば、モコモコ泡などで肌を保護することもポイントですよね。

このことを怠ると、肌負担が大きくなる気がします。

そんな訳で、バスタイムに、沢山アワをつけて剃刀でそり落すように気を付けています。

あと、剃った後には、保湿クリームなんかを使用して、肌に潤いを与えます。

その方がシェービングによる痒みなどが起こりにくいようです。

ムダ毛処理は、夏季にはサボることが許されません。

でも、お肌に負担が掛からないようにケアする事を忘れずに行いたいです。

ワタシは、自宅でむだ毛のお手入れをやっています。

脱毛エステもこの頃、PR活動が活発ですが、「本当に大丈夫なのかな?」と不安があって踏み出せないでいます。

脱毛専門エステに足を運んで、専用の機械などで脱毛した方がちゃんとツルツルになったり、発毛しにくくなるのかもなぁとは思います。

しかし、プラス面とマイナス面がはっきりと分からないために、脱毛エステに訪れることが出来ません。

自力でムダ毛の対処をしていると、毛の生えるペースが早く、絶え間なく無駄毛の始末をやらなくてはならないのがイヤなんです。

それから、毛を1本も残さずに、ツルピカのお肌になるように無駄毛を取り除きづらいのもストレスです。

という事で、この問題を脱毛専門エステが片付けてくれるんだったら施術をお願いしたいです。

でも、美容脱毛サロンでは、紫外線的なものとかで毛根部分を加熱させるようなやり方かなと想像しているので、身体に悪影響がないのかとても懸念しています。

もっともっと、脱毛サロンの情報収集をしたいです。

私はエステティックサロンに行きたいのですけど、ちらっと聞いたことがあって、その事で疑問がありました。

何かというと「ムダ毛の処理が甘いと脱毛ができない」という事に関してです。

ネット検索ですこし見ただけなのですけど、脱毛前にはそもそもむだ毛を自己処理しないといけないと聞いています。

これを適当にすると脱毛してもらえないと言うのです。

予約ができたとしてもこういった事で脱毛が受けられないなんて嫌なのです。

ですのでどれくらいの処理の甘さで脱毛を受ける事が出来ないのか知りたいです。

処理が甘かった場合というのはカンペキに処理していないと手抜き処理という事になりますか?そうでなくある程度の処理をしていれば問題ありませんか?処理の甘さがどの程度でダメになるのか詳細に教えて欲しいと思っています。

脱毛の前に気をつけておきたいことなので、この事を知っていれば効率的に受けられると思っています。

わたくしはマメな性格ではないので心配になります。

心配なのでそういった事を知りたいです。

投稿日:
カテゴリー: 美容

肌のお手入れの仕方から見直すことに

乾燥肌から脂が過剰分泌して、吹き出ものに結構悩まされています。
何と言っても加齢とともに、お顔だけじゃなく、首周りやうなじ下ら辺まで出来始め、とても弱っていました。
顔面のブツブツは次から次へと出来てしまうので、外に出ることも嫌になるほどです。

皮フ科クリニックでクスリをいただいたとしても、根本的にお肌は改善されてないのでその時は治りますが、またまたニキビの出現に肩を落とすことになるのです。
ブツブツが発生する理由を私なりに調査し肌のお手入れの仕方から見直すことを始めました。

肌のターンオーバーが出来にくく、毛穴部分が皮脂詰まりしてしまっています。
ムリに絞りだそうとするとお肌が傷むので、顔を洗う前に温めたタオルで肌を柔らかくして、角栓をゆるめ、その後メイクオフ、お顔の洗浄とやっていくものにしました。

毛穴詰まりが出やすくなるので、短期間でブツブツが出来にくくなってきました。
洗顔後は忘れずにフェイスマッサージを行って、血行促進を図っています。
化粧は特別な日以外は、軽めで済ますようにし、薄付きファンデなどをはたいて済ませるようにしました。

日々の習慣を再確認することで、トラブルが起きにくい素肌に変わり美容皮膚科に行くこともなくなりました。
最近はニキビがぶり返さないよう、ケアに勤しんでいます。

近ごろ、目指したい女の子がいます。
お肌も体型も綺麗なその女の人が荏胡麻オイルを紹介していたので入手してみました。
スマホで確認したら、えごまオイルってα-リノレン酸をふんだんに含み、とっても身体にいいらしい。

血行の促進や「脳」の働きにも必要不可欠な脂質らしく、私自身も血行不良で悪く頭脳労働の疲れもあるので摂ることにしました。
ダイエット効果と肌の若返りのために使う事にしました。
血行が悪いと肌のターンオーバーが乱れがちになってシミの原因になるんですよね。
更には肌のたるみは「脳疲労」からもくるみたいので、エイジングケアになるかなと思いました。

摂り入れるのはサラダを食べる時です。
日々サラダは摂っています。
野菜は酵素補給になるのでそれも新陳代謝を促してくれます。
簡単ドレッシングとして、えごま油、塩、ブラックペッパーなどと併せて摂取しています。

それと炒め油として利用しました。
炒める時に少しひいたり・・・。
ただ生じゃないと良くないかもわかんないので、炒め終わってから、もう一度少々垂らしています。

一日の量としては、15mlから30mlだと思います。
未だ慣習化していないので、エゴマ油を使い忘れる日もあるのですが摂りつづけていきたいです。

美容方法は色々とありますが、フェイスマスクケアを日常的に行っているキチンとした女子はいったいどんなに意識が高いのだろうかと考えます。
物ぐさなわたしが実施出来るのは、洗顔のあとに絶対に美容ローション、美容液、乳液を重ねていくことやお化粧を取らずに眠りにつかないこと。
しんどい時はウォーターゲルなどを利用しますがローションをはたかないと幾分乾燥が気になるので欠かさずに保湿化粧水を使います。

それと、むくみ顔対策として数分でできるマッサージも行っています。
保湿クリームやオールインワンゲルをつける際に顔面全体をやさしく刺激し「おでこ」→「耳の後ろ」→「首スジ」→「鎖骨」の順にリンパ流しするような感覚で行うと浮腫みがとれます。

更には、便秘がちなので対策として朝は青汁ドリンクを摂っています。
かなり効いていて、快便になったことで、生理の前になると出現する吹き出ものも出現しなくなっていいかんじです。
ドリンク類も冷えた物ではなく、温かいものや常温を意識していっぱい飲むように習慣づけています。

治るかどうかは不明ですが、末端冷え性なのでちょっとでも意識することで何かしらの役に立つだろうと考えてやりつづけています。
こういった事が物ぐさなわたしが少しばかり努力している美容法です。

投稿日:
カテゴリー: 美容

気持ちを安定させるために紅茶を一杯飲んで一息

今日、わたしが紹介するのはくまに紅茶のティーバッグです。
仕事に追われて、連日寝不足、クマが気になるようになってしまったとき。
先輩からのことばで精神的に傷ついて、つい泣いてしまい、目が腫れてしまった時。

私はまず気持ちを安定させるために紅茶を一杯飲んで一息つきます。
それとぐっすり眠って気持ちを落ち着かせれば大丈夫!と、言いたいのですが、くまやまぶたの腫れはそれでは済みません。
なので、フトンで眠るその前に、使った紅茶のティーバッグを冷凍庫で凍らせます。

その後、腫れぼったい、くまができてしまった目に1分程のせると、おやフシギ腫れもクマも無くなってしまいます。
これはお茶や紅茶などにむくみや疲労の解消に効果のあるカテキンやビタミン類が豊富に配合されている為です。
体内に行き渡って我々の健康を整えてくれるんですね。

また、紅茶のかおりはリラクゼーションにもなります。
お肌のトラブルには何らかの理由があるはずです。
心と体は繋がっています。
とりあえず精神を落ち着かせて効果のある対処法をとりましょう。

アラフォーともなると、今までケアしていなくてもピチピチとしていた肌が老けてきたような感じがします。
毛穴が目に見えるようになって来たり、ホウレイ線がしっかりと出てきたり、シミ・ソバカスといった問題が出てきます。
私が一番気をつけていることは、紫外線です。

某TV番組で紹介されていた兄弟を見てビックりしました。
片方は、部屋にいる事がほとんどで紫外線を浴びない人、もう片方はアウトドア派で外にいる事が多い人。
同い年で、一卵性の同じ顔なのに、十歳くらいの違いがあったように感じました。

言うまでもないですが、日に当たっていない人の方が、若々しかったです。
それを目にした時のショックは大きかったです。
以来、家事でベランダに出る時には帽子を被り、アームカバーをするようになりました。
子供のスポ少の付き添いには、誰かわからないくらい完全防備で応援にいくようにしています。

年上の方曰く、シミが目立ち始めるのは数年後だよって。
35歳くらいまでは肌の中でしみの元を作っているって考えなさいと言われました。
年をとってもキレイでいる為にはしっかりと日焼け対策をしないとダメですね。

元々ドライ肌でもあるので肌ケアは「潤わせること」に力を入れていますが年齢のせいだったりカラダの調子によってはどんなに入念に美肌術を実施してもスキンコンディションが良くならず、困る事があるので、ちょっとでもお肌にいい成分を吸収させるためにオーガニックオイルを活用したスキンケアを行っています。

ヌルヌルしたり大人ニキビを引き起こす印象が強い「オイル」ですが乾燥防止の効果や皮膚の中まで基礎化粧品の有効成分を吸収させる効果に優れているので常に美容乳液などの代替としてではなく顔を洗い終わったらブースター導入液の替えとして使用していますが天然オイルを美肌術にプラスすることで今は素肌にしっとり感が出来てきました。

ドライ肌からの脱却は困難で、スキンケアで普通肌に変えていくなんて完璧には出来ないでしょうがちゃんと肌を保湿したりきめ細かい美肌術だけでは何ともならない時には日頃から使用している化粧水などだけではなくフェイシャルオイルなどを肌メンテに足して最低でも現状維持するようにして、改善を目指すようにしています。

通常の肌ケアを行っても肌の状態を回復させることが難しい時にはお気に入りの美容オイルを取り入れた肌メンテやその他諸々の美容術を試みながら出来るだけはやく素肌のコンディションを改善するようにしています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

程々に運動することを日常的にするように

私は去年、体調不良になって入院生活を送り、その後も自宅で療養する時期がしばらくありました。
一ヶ月近くだったと思います。
あまり激しく体を動かさない方がいいと医者から言われていたので、家の事も最小限に留めて静かに過ごすように心掛けました。
そうせざるを得ない状況でした。

しかし、静かに毎日を過ごしていくうちに、お肌の調子があまりよくないと感じるようになりました。
顔色が青白くて冴えないうえに吹き出物が沢山出来たのです。
こんなことは今までになくて、運動をしていないので基礎代謝量が減ったという事を除いて身に覚えはありませんでした。

療養期間が終了し、以前みたいにジムに通ったりランニングを始めると、健康的な顔色になり吹出物も消えてきました。
やっぱり体を動かさないことが原因でした。
この経験があってから、程々に運動することを日常的にするように更に気をつけるようになりました。
体を動かすことと美肌は大いに関連があると感じます。
沢山汗をかいて代謝をよくすることはとても大切なことなのですね。

三十路を超えてからカラダが変化していくのを一段と感じるようになったのです。
日々ミラーを見ながら自分自身でやれることをしよう、またこれからもずっと女性として生まれてきたことをありがたいと思って美しさをキープしようと思うのです。
その中で毎日何を意識し行っているかを伝えたいと思います。

はじめにしっかりと睡眠をとること、あとできる限り早く寝る事です。
できるだけ十一時にはベッドに入るように努力しています。
朝方の生活を心がけています。

そしてあまり実行できていませんがミネラルウォーターを飲む事。
冬の季節は空気が乾燥している為水分を補給することと肌の乾燥を守る為、保湿をしっかり行っています。
洗顔においては泡をしっかり作ってから顔を洗い極力つめたい水を使います。
熱いお湯は乾燥をより起こすからです。

帰ったらいち早くクレンジングをして肌を休める様心掛けています。
食事に関しては糖分の過剰摂取をしないように気遣っています。
甘い物を食べる事は控えるように気を付けてはいますがイライラしないように疲れた時なんかは少ない量を食べるようにしています。

できることならもう少しフルーツを積極に取って、春夏行っていたジョギングをもっと暖かくなってきたらやりたいです。
仕事が忙しくてサロンに向う時間がなくても、食べ物やストレッチ、リンパマッサージ等、家でできる美容術は幾つもあります。

一つ目に、食べ物は摂取量がどうこうというよりは、野菜から食べ始める事で糖分が脂肪になりにくくなります。
また、栄養価抜群のおみそ汁は出来るだけとるようにします!でも、「味噌汁」がある献立のときには他の飲料を摂ると消化不良につながるので後でいただくようにしています。

他には、市販の野菜飲料などを利用して暇がない時なんかは飲んだりしてます。
日中も、なるべく水分補給を心掛け、体内から乾燥しないようにしています。
百パーセント果汁飲料やヨーグルトドリンク等を愛飲しています。

遅くまで仕事をしているので家でもあまり時間がとれないのですが、足つぼシートを使って、歯磨きしながら、足裏マッサージを行ったり、お風呂で体を洗う際にはつま先の方からふくらはぎへ向って血流を押し上げるようにマッサージをして血流をよくして一日の「疲れ」をリセットしています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

睡眠の時間や食生活がいつもバラバラだった学生時代

ワタシが美容面で配慮していることは、生活のリズムを崩さない事です。
学生の頃、午前午後は授業、真夜中はアルバイト、という生活サイクルで、睡眠の時間や食生活がいつもバラバラでした。
そうした不規則な生活だと、顔に小さなブツブツができたり、化粧がうまくのらなかったりと、肌状態はだだ下がり。

「にきび」やなんかは、若者特有のものだろうと思い込んでいましたが、夜中のアルバイトをやめ、ご飯は三度、「六時間以上の眠り」というのを習慣にしたら、ブツブツなんかが消滅し、友達に「肌つや良くなったんじゃない?」と聞かれるくらい、お肌がキレイになりました。

ことある毎に、「生活習慣を見直そう」という文言を見掛けますが、個々の暮らし方によっては思うようにいかないこともあるでしょう。
大学生の時は、趣味やなんかのために勉強を終えてからお金を稼ぐことは、不可欠な事でした。

それと、働いている女性などは勤務内容によって、仕事の拘束時間に合わせた生活にならざるを得ませんよね。
自分はそういった場合、キチンと「自分のペース・リズムをつくること」が大事だと思うのです。

1日のなかで3回、ゴハンを口にする時間を決める、何時間寝る、などといった、個々の暮らし方に合った、生活のリズムを作り出すことが、肌のために良いと思います。

普段美容の為に気を配っている事は多々あるのですが、その内のひとつは何かを飲むときは温かいドリンクを飲むように気を付けています。
体を中から温めるようにして、代謝をあげるようにという事もあるのですが、ご飯を食べたあとには要らない油の成分を体内に貯めないようにするという目的で温かい飲み物を飲みます。

お肉を焼いた後のフライパンをイメージすればわかりやすいのですが、使い終わった油をそのままにしておいた場合凝固して白くなります。
食事の時などに冷えた水を飲んだ場合それと同じような事が体の中で起き、要らない油の成分が体の中に貯まっていくそうです。
なので食事の時などには温かい飲み物であぶらを溶かして貰って、出来るだけ外に出すように気を使っています。

しかもホット飲料にはお腹いっぱいと感じさせる効果もあり、ダイエットには有効かと思います。
食事にスープなど汁物がある時は一番最初に汁物をいただいてからおかずやごはんを食べ、ドカ食いをしないように心がけています。
暑い夏に毎回ホットドリンクというのは無理かも知れないのですが、ご飯の時だけだったら出来るのではないでしょうか?

三十歳も半ばになり顔の肉のたるみと二重あごが気に掛かるようになりました。
体重が増加すると元に戻るのは大変で、年齢を重ねたことによる「基礎代謝量」の減少と関係があると思います。
これでは危険だと思い休暇の時にはフィットネスウォーキングをやるようにしていますが、腹回り、腰らへんのお肉ちゃんはいくぶん引き締まりましたが頬のタプタプ感は相変わらずです。

お顔にタプタプ感があると老けて見えるし、顔が大きいととっても体重がある様に見られます。
何とかいい方法がないかとインターネットで探してみたら、表情筋のストレッチ・リンパの流れを促進する・「冷却」、の三個で顔のたるみが消えるみたいなんでただ今お試し中です。

顔の筋力トレーニングは、頬をふくらませる・首を上下左右に動かす等の運動です。
実際にやってみると首周りの音がして、筋肉が固まっている事を痛感します。
老廃物を流すマッサージは、お風呂から出たら顔・首のすじ・鎖骨リンパ節を手のひらでなでていくというものです。

あたしはたいていあごをモミモミしています。
流し終わったらタオルで包んだ氷で首筋をひやしてあげます。
それでちゃんと流れるようになるという事です。

未だ実行しはじめて6~7日ですが、若干ぽっぺがシュッとした気もします。
ちゃんと効き目が得られるまでこの先もやっていくぞ~!

投稿日:
カテゴリー: 美容

単純な事でも忘れずにするというのは意外と大変なこと

わたしは綺麗な肌だねとわりと褒められるほうです。
私自身、自分でもお肌はきれいだと思います。
顔も体もきれいな肌だと思いますが、できるだけのことはやっています。

それは化粧落としと洗顔や入浴の後5分以内に保湿することを日々欠かさないということです。
こんな単純なことでそれ程のことじゃないとツッコミが入りそうですが、忘れずにするというのは意外と大変なことですし、わたしは嘘でもなくこれを続けているだけです。

でも、それを決めごとにして12年ほど毎日やっています。
遊びに出かけて帰宅が遅くなっても必ずメイクオフしてから眠りにつきます。
徹夜で遊んであくる日そのまま職場に行っても一旦しっかりメイクを落としてからメイクをやり直します。

また顔を洗ったら5分以内に保湿化粧水でばっちり保湿します。
体に関しては入浴後、この場合も素早くスキンミルクを擦り込みます。
高価なものではありませんが、安価でも毎日使い続ければ美肌を目指せます。

帰宅するのが遅くなり化粧落としをやらないでしまったり、洗顔やお風呂のあと時間が経過してから保湿しているという女性も結構いると思います。
しかし、これが1日でもあるだけでお肌が乾燥し荒れてきてしまうのです。
一日でも怠らないことで容易くきれいに肌になれるんです。

素肌に何よりも肌荒れの原因となるのは、「日焼け」、「乾燥」です。
このダブルパンチで皮膚は加速度的に老け込んでしまい、「ハリ」や「ツヤ」を失ってしまいます。
最終的には「しみ」が発生します。

そのような手遅れにならない為には、常々紫外線対策に気合を入れ、家を出る時にはパーフェクトに紫外線からガードできるよう、帽子、日焼け帽子手袋の着用はもちろんのこと、日やけ防止用の乳液を隈なく塗り付ける事が不可欠になります。
夏季はよくアセをかいて、そのためUVカットのクリームが流れてしまうので、頻繁に日焼け止めをぬるようにしましょう。

また、「目」は紫外線ダメージを覚えていると言われています。
それからゆくゆくは色素沈着が目に付くようになります。
普段外に出るときは紫外線予防効果のあるメガネで対策をするといいでしょう。

あと、うるおいの足りなさに関しては、お肌が干上がってしまうとうるおいある肌にすることがかなり大変です。
毎日のケアから、基礎化粧品を終えたらオイルなどを薄くのせて、肌の水分や油分逃げないように表面にきちんとカバーリングしましょう。

もうすぐ40才ともなると、これまでは何もしなくてもみずみずしかった肌が劣化してきます。
前よりも毛穴が目立ってきたり、ホウレイ線が深くなったり、シミ・ソバカスといった問題が出てきます。
わたし自身が一番に気にかけている事といえば、紫外線に関してです。

某TV番組で紹介されていた姉妹のケースに驚きました。
ひとりは、家の中で遊ぶことが多く紫外線を浴びない人、もう一人はアクティブで直射日光にあたった人。
誕生日は同じで、一卵性なのに、10個くらいの差があるように感じました。
当然、日差しを浴びていない方が見た目は若いです。

それを知ったときのショックは大きかったです。
それから、庭で洗濯物を干す時は帽子をかぶって、アームカバーをするようになりました。

子どもとスポーツ少年団に行く時には、誰かわからないくらい完璧に紫外線対策をして出かけます。
50代の友達曰く、シミが目立ち始めるのは何年かしてからなのよって。
40歳になる位まではシミ爆弾を密かに製造していると考えた方がいいよとアドバイスされました。
年をとってもキレイでいる為にはしっかりと日焼け対策をしないとダメですね。

投稿日:
カテゴリー: 美容

表情筋が刺激されるとキレイになる気がする

欠かさずに一日に一回以上はカガミで顔チェックする、じっくりと見ることで美容チェックにもなります。
全身美容というと「お肌」という印象がありますが年を取っていくと皺なども心配になってきます。
皺を消すためにしわ美容液なんかでガードするというやり方もありますが、ベロ回し運動として頬を押し上げるような感じで右回り左回りとやって口周りにハリを持たせてあげるのも良い方法だと思います。

あとは「アイウエオ」と大口で発声していく運動などもいいですね。
顔の筋トレをすることで皺が出来にくくなりますし、口の周りにも変化があらわれるので全体的なリフトアップも見込めます。
身体もストレッチ運動などで筋肉がほぐれたり、筋肉がバランスよくつくことで理想的な体型にもなれます。

顔部分もまた、動かすことで「表情筋」が刺激されキレイになると思うのです。
手鏡でもみながら気軽に行えますし、慣習的にすることでお肌がピンッと張ってきます。
お化粧やスキンケアと同じように日々の習慣にすることで健康的な顔になりますし、美容意識の改革にもつながる気がします。

夜食は腹八分目で押さえておくと太り過ぎを防げます。
もう少し欲しいと思うところでやめるのは物足りないのですが、1ヵ月くらい続けてみるとお腹のあたりがすこしスリムになったような、それと肌荒れも良くなるような効果を得られます。

30過ぎると基礎代謝が落ちるので若い時と同じようにたべていると確実に太ります。
それを防ぐには運動量を増やすか、ご飯の量を少なくするしかないです。
太ると顔に肉がつくので大きな顔に見えるだけじゃなく、目や鼻などのパーツも目立ちにくくなります。

逆に、細くなると小顔になるので顔のパーツが目立ちます。
運動は、雨の日や仕事で忙しい日はできないけれど、夕飯を減らすことは簡単にできる事だと思います。
一番簡単に出来る事は2口分くらいお米を減らしてつぐ事だと思います。

これくらいなら減らしたとしても本人が分かりにくいのでいい感じなのです。
知らないうちに食べて太るわけなんですから、気がつかない程度に減らすことで太る事はないし段々と痩せていきます。

三十路をすぎてからの辛いダイエットというのは美容面からいっても良くありません。
夜は食べたら寝るだけなので、夜ごはんだけ少なくするというのは手軽にできる事では無いでしょうか。
腹が減る前にとっとと寝てしまえばいいのです。

自分が美しい容姿作りの為に気を付けていることはいくつかありますが、それは完全に「早寝早起きをし健康面を気遣っていくこと」という大前提があります。
健康管理を行うと、全身美容にとっても非常にプラスになることだと身に染みて感じています。

そもそも、わたし自身が過去にやっていた仕事は少し普通でなく、生活習慣リズムが夜出勤、朝帰り等リズムなってあったもんじゃありませんでした。
勤務内容も体に負担のかかるようなところでした。
なので、今一つダルさがなくならなかったり、風邪をひきやすく、それのみか治りにくい体になってしまったり・・・このような体調不良に続き、それまで経験した事がなかったスキントラブルに頭を抱えることが頻繁になってきました。

あと、労働がしんどくなると毎回、整体院で骨格のズレを指摘されることも。
現在はその業界を退き、一般的な早寝早起きの毎日になり、ゆっくりとですが体のバランスも改善されてきて、スキントラブルが夢だったみたいに消え去ったのです。

普段は午前0時前までにはベッドに入るようにし、あくる日は早朝に起き出します。
さらに明るいうちに運動して汗を流すようにしています。
この頃は、こんな風な生活をする上で規則正しい生活を保持することが全身美容にとっても大変プラスになるんだなぁってつくづく感じとっている今日この頃です。

投稿日:
カテゴリー: 美容

メイク落としや洗顔石鹸はどちらにしろ必要以上に肌をこすらないようにする

何年も前から乾燥肌だと感じているので肌ケアではモイスチュアケアを徹底し、それ以外にもメイクオフや顔を洗う時のやり方や、湯温、洗い落とし方にも配慮しています。

肌を素の状態に戻すそういったお手入れは往々にして、皮フに美容液などを塗るようなことが優先されがちな肌ケアの中ではあまり考えずに終えてしまうことがおおいですが、ゴシゴシしたり油分を洗い流してしまうと乾燥肌や肌荒れの原因になってしまうので、肌メンテのベースとしてやさしく丁寧に洗い流した後でもツッパリ感がないような洗い方にするようにしています。

メイク落としや洗顔石鹸はどちらにしろ必要以上に肌をこすらないようにすることはもちろんですが洗顔フォームとかならたっぷりのアワを作る、オイル系なら乾いた顔と手で行うなど、正しい使用方法に従い強く擦らないようにメイク落とし、洗顔フォームを使用したらちゃんと32℃くらいの水で洗うようにしましょう。

冷たい水だと洗浄効果が下がるし高めの湯温だと大事な「皮脂」まで取ってしまうので32℃くらいの水で優しくクレンジング剤や洗顔石鹸を洗い流してあげることが大事です。
「メイク落とし」と「フェイスウォッシュ」が終わった後は出来るだけすぐにアフターケアをし始めお肌を整える美容成分を浸透させてあげる必要がありますが洗顔後の顔についた水気を取るときも優しく柔らかいタオルなどで水気を取り肌負担率はなるべく減らすようにしています。

ずっときれいなままが良い!って願うのは何歳になったって変わりませんよ。
年齢のせいにして美しさを維持する事を諦めてしまった時から徐々に老けだすと思っているので、歳をとる事自体に恐怖はありません。
気持ちの老いが恐ろしいのです。

わたし自身若くありませんが「まだ先は長いんだから」という思いは常にあります。
そのおかげなのか「相変わらず若いよね」と知人に言われる事が多いです。
そう言われて凄く嬉しく思っています。

「年齢不詳」「エイジレス」って言われたりしたらすごくウキウキです。
そのトキメキが私自身に若返る力を与えてくれるのです。

私は運動を1週間に4日のペースでしています。
フィットネスクラブ限定の運動で絶対に外では運動しません。
外でスポーツをするとしたらそれは美容に関心が無くなった時。

日差しを浴びたくないですし虫に刺されたりしてもお肌が汚れます。
室内のスポーツで体を動かすのでご飯もおいしい!3度のご飯をおいしく頂くことも美容には良いのです。

わたしが美容について気遣っている事といえば、食事は野菜を多めにとる事、適度な油を摂取すること等です。
野菜を多めに摂取するといった時のお野菜というのは、これは天然の物です。
自然の野菜は添加物を含んでいません。

いっぱい野菜を食べると、その繊維のおかげで便秘が解消されるので、お肌の状態も良くなってきます。
体内からの気遣いということで、お野菜をたくさん食べます。

それと、お野菜は採れたての物の方が栄養も高いので、購入後なるべく新鮮なうちに食べています。
油に関してはオリーブオイルを使っていますが比較的安価で、どこにでも売っているので普段から使っています。
質の良い油を摂っていると、体内に蓄積されたあぶらを流し出してくれるという事から、ダイエットに関係なく油については、オリーブ油など適度に摂取しています。

それに、適量の油分は、肌がカサつく事なくつやがあると思います。
野菜の力と良質な油で、肌はきれいになりますし、便秘知らず、減量でも効果があります。
美容は、食事方面にも気配りが大切だと感じています。

投稿日:
カテゴリー: 美容

精神的に落ちつた状態で毎日を過ごすこと

私が美肌になる為に注意していることは、質のいい睡眠をしっかりととって、精神的に落ちつた状態で毎日を過ごすことです。
いつからか、私の健康な体を維持するもっとも大切な源は睡眠になりました。
精神的に落ち着いてくると、生活全般が思い通りに進み、笑いも絶えなくて人に優しくなれます。

自分の表情は見えないけれど、そんな自分が表れているときは、私はキレイに見えると思います。
お肌のために、高いサプリを摂らなくても、エステに行かなくても、きっと大丈夫。
そういう状態がいつまでも続けばいいのにと考えます。

体と心のバランスが取れていると、自然と気持ちが美味しいものを食べたいと感じます。
わたくしにとってのおいしい食べ物は季節の野菜を使った料理です。

今朝の野菜畑には、小さいなすがたわわに実っていました。
塩もみをするだけの、浅づけにしようと思いついたら、その瞬間から楽しくて気持ちが高ぶってしまいました。
皮も柔らかく、サラダとしても食べることができるきれいなお漬物が紫色のお漬物が完成しました。
こんな小さなよろこびも私の美容液になっています。

シミやそばかすが目立ってくると、お肌が美しくみえないのでショックです。
素顔が汚いとお化粧で誤魔化そうとしますから、分厚いメイクなります。
その様な化粧だと落とすときに手間が掛かるので「ストレス」になります。

皮膚のトラブルや大人ニキビの発生原因にもなるので、より一層シミやそばかすが出てきそうで怯えています。
今まで、肌メンテはローションやクリームなどを用いて、洗顔料やメイク落としは刺激の弱い物を使用してきました。

ですが、そのような考え方だけでは足りなかったのかもしれません。
自身の肌タイプや年代にあった物というのも、選ぶポイントとして付け加えた方がいい気がしています。

しかし、基礎的な化粧品はお店で見かけるだけでも種類がおおくて、どの品物があたしの「年齢」や「肌」にふさわしいのかわかりません。
焦らずにとっかえひっかえやっていけばいいのでしょうが、スキンケア用品との相性が悪くて肌問題を引き起こさないか気になっています。

でも、このまま放置しておいて、顔が老け続けていくのは辛いです。
お店の人に質問したり、口コミや公式サイトで調べたりして、情報を集めてテスト的に購入していくつもりです。

お肌や体のために食べるものに気をつけています。
スイーツの食べ過ぎや極力甘いものを食べることを控えることにしています。
たまらなく甘いものが欲しくなったら、フルーツやドライナッツを食べてしのぎます。

ちょっとしたご褒美に時々(週1日くらい)お菓子を少量食べることもあります。
全く甘いおやつを断ってしまうと精神的にもよくないので、自分で決めた限度内にしています。

それとお肌や体のために食事で野菜をしっかりとるようにしています。
野菜をあまり食べれなかった日には、青汁を飲むようにします。
今時の青汁は臭みもなくスーッと飲めてしまいます。

毎日のように体も動かしています。
毎日自宅でヨガをすることにしています。
アシュタンガヨガやヴィンヤサヨガというしっかり汗のかけるものを行っています。

減量したり精神的に疲れている時にも、清々しい気持ちになれます。
心が休まる効果もあるので、慌てずに物ごとを対処できるようになったり、日常生活のそのままを受けとめられるようになりました。
日常生活を見直すだけでより美しさを追求できると思います。

投稿日:
カテゴリー: 美容

ホコリを溜めないようにこまめに掃除

私自身はいつも肌荒れしてしまうため、朝晩のスキンケアには凄く気を配っています。
冬から春のあいだは、湿度が低い為かさついた肌になってしまうのです。
お肌が乾燥すると、痒くなってしまうし、肌が突っ張るような気がします。
そうなったらすぐにクリームを塗らないと、症状が悪化してしまい、よくなるのに時間が必要です。

肌荒れは乾燥しやすい肌が原因だと考えていました。
けれども、肌荒れを起こすとアレルギーからくる鼻炎の症状もでてくるので、何か関係があるのではないかと考えました。
私自身は昔から埃アレルギーがあるのですが、もしかするとその埃が肌にもなにか影響を与えてるのではないかと思ったのです。

そこで、部屋に置いてあったものを減らして、ホコリを溜めないように気を付けています。
こまめに掃除をして、埃が溜まらないように気をつけています。
そうするようになったのは最近なので結果は良く分かりませんが、これで肌荒れをすこしでも改善出来るといいなと思います。

お産のあとから髪がパサつき始め、皮膚の水分不足も気になるようになってきました。
保湿ローションなどでじっくり肌メンテを施したり、睡眠時間をたっぷりとって肌状態を改善させたいのですが、そうそう時間が割けません。
なので少なくとも潤い対策には力を入れるようにしています。

お化粧水や保湿クリーム、美容液を順々にやっていくようなゆとりが無いので、わたしは多機能ウォータージェルと美容パックでケアしています。
ケア方法は、プチプラの美容パックで数分間保湿ケアをした後にウォータージェルを使います。
ジェルはいろんなトライアルセットを取り寄せてみて良かったやつをチョイスしました。

そのように保湿ケアを2ステップにした事によって、ツヤやハリが出てきた気がします。
それから「Tゾーン」などのテカリもなくなってきました。
1週間に一度ちょっぴりいい美容パックでお手入れすることにより、より乾きをガード出来ている感じがします。

このお手入れ法は時間を有効利用できるんです。
顔パックをやりながらなんやかやと動けるので、子供の手がかからなくなるまでこのケア法でいくつもりです。

魚を使った料理を食べたいのですが生魚を買ってきて調理することが億劫・・・。
生魚特有のにおいがダメで料理した後も部屋中ににおいが残ってなかなか買う気になれないのです。

けれども魚は美容にも健康にも欠かせない食材。
どうにか食べたいと思って最近わかったことはお魚の缶詰が優秀だということです。

調理済みの魚をカン詰めにしたものは素晴らしいです。
味付けも誰もが好むように美味しく出来ていますし、なによりも骨まで食べられるように調理されています。
圧力鍋で魚を煮たとき魚にもよりますが骨まで柔らかくなってまるごと食べてしまえます。

魚の缶づめもそうやって調理してあるので太い骨も全部食することができるのです。
魚の骨にはカルシウムがいっぱい!お魚の身からは豊富なタンパク質が補えます。
魚は人間の身体を作ってくれる必要な食材なのでこうやって取り入れればいいんだと気が付きました。

この頃は鯖の味噌煮やいわしの生姜煮を好んで食べています。
ご飯のおかずに最高です。

投稿日:
カテゴリー: 美容