「美容」の記事一覧

友人のムダ毛

先日、久しぶりに学生時代の友人と会いました。

バスでの移動中のこと。イスが埋まっていたので2人で並んで吊革につかまっていたのですが、彼女に話しかけようと顔を向けたら、彼女のワキが見えました。ワキのムダ毛がそのままだったので、ちょっとショックでした。

 

当日の彼女は半袖より少し長めの袖のあるものを着ていたのですが、袖ぐりがとても大きなデザインのものだったので、腕を上げるとワキが見えるような状態になっていました。

たぶん彼女は「袖があるから見えない」と思っていたのだろうと思います。

 

正直こういう時、友人とはいえ指摘していいものか悩みます。友人との距離感や付き合い方にもよるとは思うのですが、同性同士でもムダ毛の指摘はしづらいものです。

 

結婚し子供にも恵まれ毎日忙しく生活している彼女。ムダ毛処理のような自分のお手入れはどうしても後回しになってしまうのかなと思い、結局私は何も言わずに別れました。

ムダ毛からも彼女の生活が垣間見えた気がした一日でした。

 

脇毛は薄くなってきたので脱毛が楽になった

私は子供のころに、母親の脇毛を見てしまって、すごく濃い脇毛だったのでびっくりした記憶がありました。

その頃、家にはお風呂がなくて、母親と銭湯に行っていましたが、その時に見た母親の脇毛が濃かったのでした。

他の大人の女性よりも濃くて、比較してしまっている自分がいました。

 

でも、自分も中学生になってかなり脇毛が剛毛に生えていましたので、母親の遺伝かなと思っていました。

中学生の時は、脇毛を脱毛しないで学校のプールに入っていた覚えがありました。

でもクラスの女子に脇毛を剃らないとおかしいといわれてしまって、プールの授業のある前の日に、カミソリを買って脇毛を剃って脱毛したんです。

その時はきれいに脱毛できませんでしたし、脇が黒くなってしまったのでした。

 

高校生になって、脇毛を脱毛ワックスで脱毛していくうちに、脇毛があまり生えてこなくなりました。

40代になった今では、脇毛が薄くなってきたので、脱毛は楽になりました。

カミソリで剃って脱毛してますが、時間はかかりません。

 

明日のためにムダ毛処理をしようかどうか…

明日、職場の同僚に誘われてスポーツジムのプールに行く予定なのですが、これからムダ毛処理をするかどうか、ちょっと悩むところです。

まあそんなことを言っても、これで私が20代の頃でしたら、確実にちゃんとムダ毛処理をしていたと思うんですよ。

しかし今や30代です。もうすっかりオバハンですよ。いやーでも、どちらかと言えば、心の方がオバハンかも知れませんね。

 

20代の頃でしたら1mmでもむだ毛が生えていましたら、迷うことなくムダ毛処理をしていたと思うんです。けれども今では、「肉眼で見えなければいいや」というレベルではなくって、「半径1.5mぐらいのところから見えなければいいや」ぐらいに変わってしまっていますからね。

 

まあ、その前に女性専用のスポーツジムであるという前提があり、そして「プールって入ってしまえば、すね毛なんて生えていてもわかんないじゃん」という気持ちが出ているからこそ、ムダ毛処理をしようかどうか迷うのですよね。ちなみに今、3mmほど生えている状態です。

 

電動カミソリが一番肌に優しいらしい

もう随分とムダ毛処理には悩んでいるのでそれなりにいろいろと調べています。

いろいろな方法も目にしてきましたし、抑毛ローションを自作してみたりもしましたがいまいちしっくりきません。

 

そうやっていろいろと調べているうちに今更ながらあることを知りました。電気カミソリでの処理は肌に優しいということです。

なぜだかわかりませんが、いままでなんとなく肌に良くないのではないかと勝手に思っていました。

ですが実際は普通のカミソリで処理するよりも肌に優しく、子どものムダ毛処理などにも推奨されているそうなのです。完全に盲点でした。

 

早速我が家にある電動の毛抜きのヘッドを電動カミソリに変更してみることにしました。何年も使用していますがこのヘッドを使用するのははじめてでした。

実際に使用してみると確かに肌への負担は少ないように感じます。ただあまりしっかりと剃れている気がしないので、いっその事男性の髭剃りなどを使用しても良いのかもしれない、なんて思いました。

 

本当は怖い流しのこし…

皆さん、ボディソープは何を使っていますか? 身体はどんなふうに洗っていますか?

 

わたしは石鹸一択。背中ニキビがひどいので、一度皮膚科にかかったことがあります。そこで言われたのが、「身体を洗うのは石鹸にしなさい」というお言葉でした。

背中ニキビの原因の一つに、シャンプーやボディソープの流しのこしがあるそうです。液体のボディソープではどうしても残ってしまうので、石鹸を使うのが一番いいらしいです。

 

そこでわたしは洗顔も身体を洗うのも石鹸を使うようにしました。確かに、石鹸の方がしっかり落ちてる、という感じがします。

石鹸に特にこだわりはありません。先生も固形であればよいとおっしゃっていたので、好きな香りのものを使っています。

 

身体を洗ったらしっかりとお湯で洗い流します。わたしはやり過ぎかな、と思うくらい流すようにしてます。流し残した石鹸かすがニキビの栄養源になるそうなので…。

 

以上、わたしが気をつけているお風呂の入浴法でした。背中って自分では見れないので、そのケアには余計に気をつけたいものです。

 

夜10時には布団に入って美肌づくり

美肌をつくるために気を付けた方がいいことはたくさんあります。

だけど、それを全部実践するのは大変ですしストレスもたまりやすくなります。

 

私も一時期、美肌のために徹底的に食生活を管理し、紫外線を極力さけ、運動を適度に行うなどを心掛けてみました。

だけど長くは続かず、結局疲れてやめてしまいました。

 

それからは、特に効果のあるものを一つでいいから続けるようにしようと思うようになったんです。

それが早寝早起きです。

 

早起きは、早く寝るため必要なことなので、特に美肌に繋がることは早寝だと思っています。

どんなに食事に気をつかったり、紫外線にあたらないように気を付けても、結局きちんとした睡眠時間をとらなければ台無しだということがわかりました。

 

美肌づくりに大切なのは、肌を衰えさせないこと。

これに直接関係するのが肌のターンオーバーです。

肌のターンオーバーを正常に行わせるためには、正しい睡眠をとることが効果的なのです。

たまに余裕のあるときは他のことにも気を付けますが、早寝早起きだけはどんなときも実践するようにしています。

 

美容の為に気をつけている事

私が美容の為に普段、気をつけていることは・・・三食きちんとバランスよく食べる事としっかり睡眠時間を取る事、適度に運動する事、ストレスを貯めない様にする事やお洒落心を忘れない様に小奇麗でいる事です。

 

食事は野菜やお魚中心の和食ですが手作りのものを三食食べるようにしています。そして眠る前には軽くストレッチをしたりして身体を動かしてからヒーリング音楽をかけてアロマを焚いて心地よく眠りにつくようにしています。

 

運動は普段からなるべく歩くことと駅などでエレベーターを使わずに階段を使うなどの努力もしています。

それ以外に週に二回はスポーツクラブに通ってヨガやマシントレーニングで汗をかくようにもしています。

 

後はフラワーアレンジメントの趣味やお友達とのお喋りやショッピング等であまりストレスをため込まないように気をつけています。

それからファッション雑誌を見たりしてトレンドを抑えたファッションをするように心がけています。

 

美容の為に気をつけている・・・どころじゃぁない「厳守」

美容の為に気をつけていることは、それはそれは沢山あります。

夜遅くに食事をしないとか、甘いものを食べ過ぎないとか肌がくすむのを避ける為にはコンビニ弁当などの酸化した油脂を取らないとか。

 

この辺りは当たり前ですが以外にも「厳守」している事があります。

それは「泣かないこと」です!

 

泣ける音楽を聴いたり、感動する映画を観たりして「涙を流す」ということがストレス解消に繋がると言われていますが。

「泣く」すなわち「涙」には塩分が含まれています、ですから泣くと目の周りの皮膚がこの塩分の影響でシワになるそうです。

ある美容家の方が「朝起きたらすぐに目の周りだけでもふき取った方が良い」と言っていたのを聞いた事があるのですが

「寝ている間の涙で目の回りがシワになる」と言っていました、同じ理屈だと思います。

 

また泣くと瞼が腫れぼったくなると思うんですが、元に戻るうちは良いんですけど

いずれその分の、皮膚が伸びてくるのではないかと思うのです。

 

実はこれは遺伝?かどうかわかりませんが、母もよく同じ事を言っていました。

「泣くと顔が変わるから止めなさい」・・・・スパルタですねお母さん。

 

お肌の保湿について

エアコンや紫外線のダメージなどでお肌が乾燥しがちなこの季節、お肌の保湿には特に気を配らなくてはいけません。

 

まず朝夕の洗顔後にはもちろん化粧水をつけますが、おでこやフェイスライン等気になる個所には2度づけし、手のひらで顔全体を覆うようにして隅々までもちもちになったのを確認したら乳液でガードします。

 

また、オフィス等にいるとだんだん乾燥してくるので、休憩時間等にメークの上からでもつけられるミストをスプレーします。

 

そして家に帰りお風呂に入る時にはできるだけ湯船に浸かるようにします。1週間もシャワーだけで過ごしているとお肌の柔らかさやうるおいが少なくなってくるように感じるのです。

 

それからお風呂上がりに週1~2回程パックや美容液でスペシャルケアをします。

エイジングケアや保湿に有効な成分の入っているものを選んで、お肌をぷるぷるにするのです。

 

色々なアイテムでお肌を労わっていると気分も穏やかになってとってもリラックスできます。

毎日のケアで楽しく女子力をあげていきたいですね。

 

このページの先頭へ