「健康」の記事一覧

意識してトマトを食べています

体に良い食べ物には緑黄色野菜や大豆製品などいろいろとありますが、どれか一つを食べるというより、様々な品目をバランス良く食べることこそ大切だと思います。

そのため、私は普段から好き嫌いせず、できるだけ多くの食材を一日に摂取するよう心がけています。

 

そんな中でも特にトマトだけは、毎日意識して食べるようにしています。

これは以前テレビでご長寿の方の多くがトマトを食べていると聞いたからで、確かにトマトはリコピンなど美容や健康にプラスになるものが多く含まれています。

それに昔からトマトが赤くなると医者が青くなるということわざもあるように、いろいろな健康効果が期待できます。

 

ただ毎日サラダなどで食べるだけでは飽きるので、炒め物にプラスしたり、トマト鍋にしたりスムージーとして飲んだりして、続けて摂取しても飽きないように工夫をしています。

 

こんな風にトマトを意識して食べるようになって三年ほど経ちますが、風邪をひかなくなったように思いますし、にきび等もできにくくなりました。

 

スーパーへの往復時に心がけていること

私はこれまで健康のためにといろんなことに挑戦してきました。

例えば黒酢を飲んだりサプリメントを摂取したり、毎日縄跳びなどの運動をしたりといったことです。

ですが、どの方法も一ヶ月ほどしか続かなくて、とくに黒酢やサプリメントはお金もかかることなのでずっと続けていくのはなかなか難しいものです。

 

そこでもっと簡単なことで長く続けられる方法を行っていきたいと考えました。

そこで始めたのが毎日の買い物のためのスーパーへの往復時に運動するという方法です。できるだけ背筋を伸ばし、大股で歩き、さらに腕をよく振ります。

 

そして買い物をし終わり、自宅へ帰ってくるころには両手に下げた買い物袋を体から浮かし気味にして持ちます。そうした持ち方をすることで腕の筋肉も鍛えられるし、筋力もつきます。

 

それにどうせ買い物は毎日行くので、これならずっと続けることができそうです。

こうした簡単なことで少しでも健康のためになればいいなと思っています。

 

夫婦でウォーキングで健康管理

年齢を重ねるにつれて基礎代謝が落ちてきているようで、特に生活習慣が変わったわけでもないのに年々少しずつ体重が増えてしまっています。

今のところ、健康診断で異常を指摘されるようなことはありませんが、疲れやすさや胃腸が弱くなってきていることを実感するようなこともあります。

 

夫も私以上に太ってしまい、メタボ検診で腹囲を図るのがそろそろ怖くなってきたようです。

男性の場合には、腹囲85cm、女性の場合は90cm以上でメタボ検診では以下の3つのうち2つ以上に該当するとメタボと判定されます。

 

①中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満

②最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上。

③空腹時血糖110mg/dL以上。

 

夫は既に②と③に該当しているので、そろそろウォーキングを始めようということになり、夫婦で歩くようになりました。

ひとりで歩くとくじけてしまうこともありますが、どちらかが「今日も頑張ろう」と、励まし合って歩き続けています。

 

近所の堤防沿いの道を歩きますが、夫婦で歩いている方も多く、健康を気にしていらっしゃる方が多いことを改めて知りました。

ウォーキングを始めたのことをきっかけに、基礎代謝や内臓脂肪、筋肉量や骨量などの、体組成を測定できる「体組成計」を購入し、今まで以上に自分たちの身体について気を付けるようになりました。

しっかり数値で管理すると、励みになって良いものです。この習慣はこれからも長く続けていきたいと考えています。

 

朝から健康に気をつけて

毎朝かならずストレッチをすること。

朝ごはんを食べること。

晴れてる日はベランダに出て空をみること。

 

これは私が子どもを出産してから毎日行っていることです。

この習慣をつづけてもうすぐ2年になります。

以前は風邪を引きがちだった私が、その年から風邪を引くことも体調が悪くなることもかなり減りました。

 

この3つのなかで1番効果ぎらあったなと感じたことは、ベランダに出て空を見ることでした。

晴れた日ふ太陽の光を浴び、風がある日は風を感じることができる。

どんなに眠くても、その瞬間目が覚め朝から活動がしやすいのです。

なので、朝ごはんを食べることもストレッチすることもスムーズに行うことが出来ています。

 

この習慣をはじめたのは、辛いツワリがきっかけでした。

私は妊娠初期から出産までずっと続くツワリで外に出るのもおっくうで、ご飯もほとんど食べることが出来ませんでした。

産後もいまいちな体調だったので、なんとか早く抜け出したい、、、と思い、とりあえずベランダにでも出ようかな、、、と思ったことがきっかけでした。

 

その日はとても体調もよく、過ごすことができたので、これはやってみる効果ぎあるかも!と、感じ現在に至ります。

散歩をしたり、いい景色をみたりするだけでも、気分がかなり違うな、と感じることも多く自然の力は大きいなと、常々感じています。

 

体の中が綺麗になる!最近始めた健康法

肩こり・腰痛・頭痛…と高齢になればありがちな事、3拍子揃って出てきました。

体の硬さが原因の一つだと思って、時間のある時はストレッチを心がけています。

 

少し前に行った整体で勧められた、朝のコップ1杯の水。

起きて一番最初に摂る水分はとても体に吸収されやすいそうです。

私は今まで、朝食のパンを食べる時に飲むコーヒーが朝の一番最初の水分でした。

お腹があまり強くないので、浄水器そのまま飲むのではなく、一旦沸かして少し熱めの白湯を飲んでいます。

 

それから、日中もなるべくたくさんの水分を摂るようにしました。

一気に体に流し込まずに、少しずつ水分を摂るようにしました。

たくさん水分を摂ろうと思って、一気に白湯や水を飲んでしまったら、頻尿になり一気に体の外に出てしまいました。

 

少しずつたくさんの水を飲むことを続けているうちに、体の中がリセットされたようで体の浮腫みがとれていきました。

体の中に溜まる水分もちゃんと綺麗な物に入れ替えてあげないといけないんですね。

 

食べる順番を意識するだけ

私が健康のために気をつけていることは食べる順番です。

健康のためというよりは太らないためと言った方が正しいかもしれません。

どちらかといえば太りやすい方だと思いますが、運動はとても苦手なので食事でどうにかしたいと思っています。

 

私のルールは簡単で、炭水化物を最後に食べるだけです。タンパク質や野菜などのおかずを先に食べて、その後で炭水化物のご飯などを食べます。

ご飯のために少量のおかずを残しておけば問題なくご飯を食べることが出来ます。

 

この方法を使うと血糖値の上昇を緩やかにすることができるそうです。

この方法に変えたことで大量に食べなくても満足できるようになり、マイナス15キロのダイエットに成功しています。

 

順番を変えるだけなのですぐに始められますし、外食でも実戦可能です。

食事の内容によっては炭水化物から食べ始めることもありますが、その場合はあまり気にせずに食べています。

わりと適当にやっているのが長続きしているポイントだと思っています。

 

これからもこの方法を続けていきたいと思っています。

 

私が健康のために気をつけていること

私が日々健康のために気をつけているのは、運動不足にならないように定期的に体を動かすことです。

仕事が事務業なのでどうしても日中は座りっぱなしになってしまいます。

運動しないので水分もあまり摂らず、帰る頃にはいつも足がむくんでいます。

 

なので私は運動不足を解消する目的で、帰りは必ず一駅分歩くようにしています。

飽きて三日坊主にならないように毎日少しずつ別のルートを通ったり、時々ウィンドーショッピングしたりスーパーの中を散策して歩く量を増やしたりしています。

その際、できるだけミネラルウオーターを飲んで水分を摂りながら歩くようにしています。

最近のスマートフォンは万歩計のアプリもあるので、一日一万歩前後を目指して毎日歩いています。

 

その他にも肩こり防止のため、仕事の休憩時間には簡単なストレッチをしています。

肩を回すだけでも大分違うので、合間を見てはやっています。

座りっぱなしの仕事をしていると年々動くことが億劫になりがちなので、健康のためにも積極的に運動するよう心掛けたいです。

 

膨れた下腹を解消したい

もともと体質的にも便秘症なので慣れてはいますが、やっぱり便秘が続くとつらいものです。

下腹がだんだんと膨れてしまい膨張しているのもすごく感じられるし、きつめのジーンズなどを履くとボタンを留めるのもつらくなってくるので食欲も心なしか減退してきます。

 

水分は意識してとるようにするのですが、やはり適度な運動なども取り入れたりお薬に頼らないと快便とはならないので自分自身の体もすごく心配になってしまうのです。

お薬はいつもいつも頻繁には飲みたくはないので、なるべく自分で努力して何とかしたいのですが、そこでうまくいかず結局ストレスになってしまっているところも問題なのです。

 

そこで友人に相談したらやっぱり「水分と野菜をよく摂った方がいいよ」と言われました。

確かに本当は野菜の食物繊維を摂った方がいいのでしょうが、なかなか仕事が忙しくて食事が不規則になりがち。

なので、そんな時でも手軽に摂れる酵素ドリンクを飲み始めました。

多くの人はダイエット目的で飲んでいるそうですが、私は便秘を解消して膨れた下腹を解消したいんです。

 

女性ホルモンのバランスを整えましょう

更年期を乗り切るための食材として代表的なのが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造のイソフラボンを多く含む、納豆、豆腐、枝豆なあどの大豆製品。

この大豆製品や乳製品はカルシウムも多く、骨粗しょう症の軽減、更年期のイライラや血行の改善にも。

 

納豆、豆腐のイソフラボンは、更年期と共に減少するエストロゲンと似た構造で、エストロゲンの低下により起こる体調不良も、イソフラボンの摂取による緩和が期待できます。

また、ヨーグルトやキムチ、ぬか漬けなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えて免疫力を高め、女性ホルモンバランスが崩れるのを防ぎます。

骨が弱くなるので、カルシウム不足も補えて一石二鳥です。

 

ビタミン、ミネラルを多く含む野菜やきのこ、海藻類、ナッツ類、抗酸化作用のある緑黄色野菜は、細胞や女性ホルモンの活性化には欠かせない食材です。

ナッツ以外は食物繊維も豊富でコレステロール対策にも。

 

また最近ではこれらの食材をまとめてギュギュっと凝縮された酵素ドリンクもあるので、賢く利用するのもおすすめです。

酵素ドリンクであれば毎日手軽にビタミンやミネラルを摂れるので忙しい女性に人気です。

 

このページの先頭へ